FC2ブログ
 
毒舌歯科医の診療室
診療時間の多くを会話に割いてもまだ話足りない男(毒舌らしい)のひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月からの診療報酬の改定について2

3/31に明日続きをと書いたにもかかわらず2週間近く保留になってしまい申し訳ございません。ひばりが丘に通院中の皆様お元気でしょうか?可能な限り引き継ぎの説明をしたつもりではありますが、何といっても3/31の診療終了後に今回の様なことになってしまった為、残念ながら十分な時間がありませんでした。問題が生じているようでしたら、出来る限りこの場で対応させていただきたいと思いますので、コメントの方へよろしくお願いいたします。
本文下の「コメント」をクリック→「COMMENT」欄に文章を書いた後「管理者にだけ表示を許可する」の前にある四角マス(チェックボックス)をクリック→送信してください。
電話番号やメールアドレスを入れていただけると返信できます。他の人に見られても良いようでしたら、コメントあるいは本文中でお答えします。

それからもう1つ。スマイルキッチンさんに4/1におじゃました所、マリナーラは海老、イカ、貝の三種類の中から2つは必ず入れるようにしているとのことでした。お客さんから具が少なかったと言われることがあるそうです。説明を聞けばなるほどと思えることも、そのきっかけがなければ誤解されたままになってしまう・・・非常に残念なことです(そんなおおげさなことではありません)。というわけで今回も改正について説明していきたいと思います。

2.お口の外で手を沢山動かさなくてはいけない
私たちの間で、不正請求をする先生に対して使う表現の1つに「お口の中では手が動かないのに外でものすごく動く」ということがありますがそれとは若干違います。後者はやってもいない治療をカルテにスラスラ記入していくことを皮肉っているわけです。

私たちが書かなくてはいけないものにカルテとレセプト(国への治療報告で治療費の請求に用いる)があります。今回の改正によりこの2つに記入しなくてはいけないことが膨大に増えることになりました。私たちにとって、もう残っている時間は睡眠時間と休日(まじめな先生はほとんどを勉強会に使います)しかありませんので、結果として患者さんの治療時間を削って書くしかなくなってしまいます。

私の友人に問い合わせた所、患者さんへの指導で請求できるものもあるが、カルテに記載する暇がないので請求していないとのことでした。私が思うに今の歯科治療はこの指導料でなんとか採算が取れていたと思います。それがとれないということはどこかで手を抜くか、あるいは不正請求をするしかないということではないでしょうか。

いかに手を抜くか?
具体的に歯の根の治療を例にとってみましょう。
今回の改訂により次の治療費は同じです。
A.仮の蓋を外して、中の綿を交換しただけでまた仮の蓋をして終了。
所要時間1分。
B.仮の蓋を外す前に歯の周りを洗浄した上で、蓋を外し、中の綿をとって汚れ具合を確認、根の中をヤスリがけ、超音波洗浄(「ピーッ」となる機械、蓋を外す時にも使用)、薬液消毒した上で蓋をして、今の状況を患者さんに説明して終了。
所要時間15分以上。

Bのほうは無駄なことが多く感じられるかもしれませんが(私の治療法です)、一応必要な治療であると思います。

最初の歯の周りの洗浄・・根の治療中は歯の高さがないため歯ブラシをあてにくい。よって軽度の歯周病に罹患しやすいために行っています.
汚れ具合の確認・・前回の来院時から当日まで、根の中がどのようになっていたかを知る手がかりになります.
ヤスリがけ・・根の中の壁をいかに綺麗にヤスリがけできるかが、治療の成功率を握っています。また、根の先までしっかり薬液が届くように中が詰まっていないか確認することも必要です。
超音波洗浄・・顕微鏡写真で超音波を使用した場合としない場合を比較した文献を見て以来、あまりの差の大きさに必ず使用するようにしています。
薬液消毒・・直接届かない場所は、薬に期待します。

あなたが歯科医師であったなら、採算がとれなくてもBを選択いたしますか?
ちなみにAでも捕まったりなどという問題は起こりません。治らないだけです。咬み合わせの低い銀歯を入れ、化膿止めを飲んでもらえば2~3年は無事に経過すると思われます。

3.老人の切り捨て
成人で保険適用されている歯周病の治療の一部が老人では適用外になっています。おそらく漏れた(忘れていた?)だけかと思いますが、次回の改定まで保険で出来ないということです。
それから、義歯の調整料も大幅に削られてしまいました。今までも合い具合を確認する材料(白い材料)を使うとその瞬間赤字になっていましたが、使わなくても怪しい位になりました。
採算を優先すれば、当てずっぽうで入れ歯を調整するしかありません。
ですから、入れ歯の作り直しがかなり増えるのではないでしょうか?結果として国が高くつきます。

他にも色々ありますが、今回の改訂は橋本元首相への献金問題が大きく関わっているようです。1億円もの大金を独断で使用したことに全国の歯科医師はかなりの憤りを感じでおりますが、連帯責任ということで歯科医師会側の意見は全く聞き入れてもらえなかったようです。そのため、あまり治療をしたことがない人が考えた数字合わせの改定であると言わざるを得ない物になっています。

前回関東の方の説明会で罵声があがっていたとのお話をいたしましたが、その後聞いた所によると、その場で300人もの人が保険医を返した(保険診療をやめた)そうです。事実かどうかは確認しておりませんので分りませんが、事実だとしたらとても大きな問題です。
不正請求などで、保険医を停止(あるいは廃止)させられた先生が自殺してしまうということはよくあります。それ位大事な保険医の資格を返す位(抗議の意味もあるのかもしれませんが)保険医としてはやっていけないということなのです。

無責任な言い方になって申し訳ございませんが、このような時期には患者さんが良い治療を見極めていくしかないと思います。

次回は最近CMで良く聞くジェネリック医薬品についてお話ししていきたいと思います。
スポンサーサイト

お知らせとお詫び

昨日ひばりが丘歯科での最後の診療を終えました。
今まで長い間、私の治療に通っていただいた多くの患者さんにこの場を借りて御礼申し上げます。

それからもう一つ。皆様にお詫びしなくてはならなくなりました。
以前より4月も何回かは治療に来ますとお伝えしておりました件について。院長側との話し合いによりタダ(無報酬+交通費無し)でも来ないでくださいということになってしまったため、私が診療所に行く事ができなくなってしまったのです。
多くの患者さんからなんとか見て欲しいとのお言葉を頂いたので、なんとか期待に応えたいと言う思いから最終的にはタダでも良いから来るという所まで折れましたが、結局皆さんの治療を続けていく事ができなくなってしまいました。最初からここまで折れていればと今回の交渉を後悔する所もございますが、何より皆様にご迷惑をおかけいたします事を心よりお詫び申し上げます。

思い起こせば私がひばりが丘歯科で診療をおこなってから多くの出会いがありました。地元の同級生(15年ぶり位に再会)がこちらに以前より通っていた時は、北海道も小さいなぁなどと思ったものです。

新しい歯が使えるか隣のパン屋さん(スマイルキッチンさん)に走った(それほどの距離はありませんが・・・)ことも良い思い出になっております。スマイルキッチンさんにはこのブログについてアドバイスをもらったりしました。もちろんパンの方も数々の雑誌に取り上げられているようにとてもおいしかったです。ちなみに私は、ちょこぷっち、ディップ+ベーグル、アマトリチャーナ、クレセント、マリナーラ、シャンピニオンズ、あげパンときて最後の方はローズチーズ(特にはみ出た所が美味。昔はみすぼらしいと切っていたそうです。)がお気に入りでした(名前間違っていたらごめんなさい)。さらに付け加えると、貧乏性でエビ好きの私はマリナーラを選ぶ際必ず上にエビが見える物を取っていました。一度入ってなくてがっかりしたことと、2尾入っていてラッキーなどということが何度かあったためです。←書いたらまずかったでしょうか?
あまり食べられなくなると思うと残念でなりません。パン全般のお話です。念のため。

ものすごく貧乏臭い話になってしまったので元に戻します。
とても難しい症例の患者さんもたくさんいらっしゃいました。皆様と一緒にどうしたらもっと良くなるか考え続けてきた事は、何にも代え難い私の財産になっております。患者さんが医師(歯科)を育てるという事をよく聞きますがまさにその通りであったと思います。すみません説得力がなくなってしまいました。けれども本当にそう思っているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こちらのブログは診療所とは無関係な物なので今後も続けていきます。皆様を直接診ていく事は出来なくなりましたが、私の考える良い歯科医を患者の皆さんが見つける手助けになればと思います。
何しろ今回の改定によりギリギリの所で頑張ってきた良い歯科医が堕ちていくことが考えられます。私は運がいい事にしばらく診療をしませんので冷静に考えられる時間がありますが、今日診療をしていたらきっと怒りに任せた物になっていたのだろうかなどと思ったりします。

何しろ今回の改定は

まじめな歯科医師は保険診療をするな

という改定であるといっても過言ではありません。関東の方の歯科医師での説明会では途中ため息から罵声に変わったとも聞いております。説明しているのも同じ歯科医師なのにです。今現在多くの優秀な歯科医師が保険診療から自費診療へと変わっていっているという報告も出ております。北海道では保険診療が中心なのですぐにという事はありませんがこのような改定が続くと一気にそうなる恐れがあります。なんといっても儲からないのではなく採算が取れないのです。特に札幌のような都市部では歯科医師のモラルを捨て保険診療を続けるか、モラルを守るために保険診療を捨てるかいずれかを選択しなければならない事態が近づいているのではないでしょうか。

今回お話しする予定だった内容は都合により次回へと変更させていただきます。

来院数

無料ホームページ ブログ(blog)

プロフィール

katsuhisa.y

Author:katsuhisa.y
12月20日に開業いたしました。
年明けから本格的に始めます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。