FC2ブログ
 
毒舌歯科医の診療室
診療時間の多くを会話に割いてもまだ話足りない男(毒舌らしい)のひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が絶句した瞬間2(続きです)

今日は昨日の続きです。

シーン2 診療室にて
シーン1の患者さんの治療も終わり、最後にお話をしていたときの事。
○○さん:「いやー、でも先生ってうちの娘の旦那に似てるわー。」
私:「・・・・・・・・・・(10秒ぐらい沈黙)。
す、すみません。なんとお答えしていいかわからなくなったもので。」

一瞬私の脳裏に浮かんだのは2つの選択肢。
A.ありがとうございます。それはいい旦那さんなんですね。
→おそらくこの流れで話せばいいのだろうが、自分で自分をヨイショするのもイヤ。
B.いやー、それは娘さんも大変ですね。こんな悪党みたいなのが相手では。
→謙遜するつもりが、ただの(娘さんの旦那の)悪口になってしまう。

こんな時皆さんはどうなさいますか?
1.ありがとうございます。・・とりあえず喜んでおく。
2.そうですか。・・とりあえず流す。
3.・・・・・。・・相手の反応を見る。
4.???。・・その他。

このように、返答に窮する事も多々ありますが、患者さんとの会話を今日も楽しませていただいております。治療に関する事はもちろん、関係のないお話もお聞かせください。そうすることで患者さんとの距離を縮めていきたいと思います。

シーン3 家造りでの一コマ
地震に対する不安から鉄筋コンクリートの家はどうかと思い、比較的安く建てられるという工法の説明会での一コマ。

この工法の利点はなんといっても、従来の工法よりも鉄筋の量が減・

皆さん、最後まで書かなくてもお分かりですね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

来院数

無料ホームページ ブログ(blog)

プロフィール

katsuhisa.y

Author:katsuhisa.y
12月20日に開業いたしました。
年明けから本格的に始めます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。