FC2ブログ
 
毒舌歯科医の診療室
診療時間の多くを会話に割いてもまだ話足りない男(毒舌らしい)のひとりごと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険外(自費)診療について

前回のお話の中で保険外診療について、触れただけになっておりましたので今日はその点について述べていきたいと思います。

保険外診療について、皆さんのイメージはどのようなものでしょうか?
高い?綺麗?長持ち?歯医者の金儲け?

こんなところでしょうか?

私が考えるに保険外診療は3つのパターンに分けられると思います。

1.保険診療に全く代わりのない物
 インプラントや矯正などがこれに当たります。歯周病の治療で特殊な材料を用いて行う処置(歯を支える骨を再生する処置)もこれに当たります。

2.より機能的にする為の物
 保険外の義歯、保険で認められない形のブリッジなどです。
保険外の義歯とは金属床(直接見えない部分の床が金属になったもの)の義歯で利点として、薄い、硬い(たわまない)、熱伝導が良い(食べ物の温かさが分る)、金属のバネを見えにくくする、などがあげられます。
 残っている歯が少ないときブリッジを保険適用できないことがあります。適用できないから必ず持ちの悪い物になるかと言うとそんなことはありませんが、持ちが悪いのをどうしてもと言われやむを得ず(もちろん患者さんには説明してます)作製することもあります。

3.審美性向上のため
 虫歯の治療の後にはかぶせ物をしますが、銀歯の色を見せたくない場合や、プラスチックの修復がいずれ変色するのに対して変色させたくない場合などに用いる陶材の歯がこれに当たります。
 自分の歯を保存しつつ、歯を白くしたい場合に用いるホワイトニング(酸で表面を一層溶かす)という治療法もあります。

これらの他にも保険外の治療はありますが、必ずしも保険外の治療は優れているというわけではありませんので、興味のある方は費用と何年位保証してもらえるのか(矯正以外)、リスクはないのか等、疑問点を確認しておくことをお勧めします。

ちなみに私が保険外診療の中で価値を感じるのは1,2,3の順です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

来院数

無料ホームページ ブログ(blog)

プロフィール

katsuhisa.y

Author:katsuhisa.y
12月20日に開業いたしました。
年明けから本格的に始めます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。